歯周病について|秦野市の歯医者【川西歯科】|東海大学前駅

秦野市、東海大学前の歯医者【川西歯科】

  • 0463-78-0928

    【電話受付】8:30~18:00
    休診日:木・日・祝 / 土曜日は午後5時まで
    【住所】秦野市南矢名5-4-9


新着情報

カテゴリー:

歯周病について

  • お知らせ
  • ブログ

人間が最も多く罹患している感染症としてギネスブックに掲載されている「歯周病」

歯が無くなる原因はほとんどが虫歯か歯周病です。(他には事故などで無くなります。)

普段なかなか歯周病について実感していないと思いますが、実は成人の約7割の人たちが歯周病だと言われています。

 

歯周病とは歯を支えている顎の骨が少なくなってくる病気です。

その原因は「歯石」という歯につく汚れや細菌の塊です。

歯石を長い間放置していると少しずつ顎の骨が少なくなっていきます。

初期の歯周病の場合はほとんど症状は無く、たまに歯茎から出血がするくらいです。

しかし徐々に歯周病が進んでいくと腫れや痛み、歯がグラグラするなどの症状が出始めます。

一度顎の骨が少なくなると、元に戻すのはとても難しいので歯周病が進まないように予防するのがとても大切です。

 

歯周病の予防・治療は原因の歯石を定期的に(多くは半年に一度ぐらい)掃除することです。

歯石は非常に硬いので歯科医院で専用の道具で除去しないといけません。(歯ブラシでは取れません。)

症状がある人はもちろんですが、特に症状が無くても歯周病にならないように予防するのがとても大切なので、

気になる人は一度歯科医院で検査や治療をすることをお勧めします。

ページトップへ戻る