スポーツマウスガード・歯ぎしり|秦野市の歯医者【川西歯科】|東海大学前駅

秦野市、東海大学前の歯医者【川西歯科】

  • 0463-78-0928

    【電話受付】8:30~18:00
    休診日:木・日・祝 / 土曜日は午後5時まで
    【住所】秦野市南矢名5-4-9


スポーツマウスガード・歯ぎしり

スポーツマウスガードとは

スポーツマウスガードとは、スポーツ中に起こる歯や口のケガを未然に防ぐプロテクター(安全具)のことです。上顎に装着するのが一般的で、強い衝撃から歯を守るため、衝撃吸収材でできています。頭部への衝撃を緩和し、お口の中の怪我を防いだり、しっかり噛みしめることで競技のパフォーマンスを向上させたりすることができます。

当院では、お口の中の型採りを行って作製するため、フィットしたより安全性の高いスポーツマウスガードを提供することが可能です。

スポーツマウスガードの役割

歯への負担軽減

歯にかかる負荷や衝撃によって、歯を強く打ったり、擦り減ったり、折れたり、更に、歯がぐらぐらしたりすることがあります。スポーツマウスガードを着用することによって、歯への負担が軽減されるのです。

口腔外傷の予防

スポーツ中の怪我には、唇、舌、歯肉が切れるという、お口の中の怪我も含まれます。スポーツマウスガードを着用することで、衝撃が直接歯に伝わるのを防ぎ、お口の中の怪我を予防することができます。

頭部への衝撃緩和

スポーツマウスガードを装着しない状態で下顎を強打してしまうと、頭への衝撃が大きく、脳震盪が起こりやすくなります。スポーツマウスガードは、強い衝撃吸収材でできているので、衝撃を吸収してくれるのです。

着用が必要とされる主なスポーツ

  • アメリカンフットボール
  • ボクシング
  • 空手
  • ラグビー
  • アイスホッケー
  • ラクロス
  • キックボクシング
  • テコンドー
  • インラインホッケー
  • 総合格闘技

市販のスポーツマウスガードとの違い

スポーツマウスガードには、市販のマウスガードと歯科医院で作るマウスガードがあります。市販のマウスガードは、自身で形を作る必要がありますが、歯科医院で作るマウスガードはお口の状態に合わせて作製するため、精度の高いものを作ることが可能です。

専門のスタッフによるチェック

初めて装着するときには歯科医師や歯科衛生士など、専門のスタッフがチェックをします。

オーダーメイド

患者さんのお口の型採りを行い、それをもとにオーダーメイドでマウスガードを作製するので、高い適合性が期待できます。

調整が可能

噛み合わせの変化やお口の中の環境変化に合わせて、歯科医院での調整や修理が可能です。

歯ぎしり・食いしばり

夜眠っている間の歯ぎしりや、集中した時の食いしばりは自分では気付けません。放っておくと、歯の詰め物や被せ物が割れたり、頭痛や肩こりの原因になったり、顎に負担がかかったりと、様々な影響が出ることがあります。歯ぎしりや食いしばりは歯科医院で治療することができるので、早めの治療をおすすめします。

歯ぎしり・食いしばりの種類

歯のこすり合わせ(グラインディング)

歯の噛みしめ(クレンチング)

歯を鳴らす(タッピング)

治療方法

就寝用マウスピース

患者さんに合わせたマウスピースを作製します。就寝時に装着することで、寝ている間に歯や顎に負担がかからないようにします。歯ぎしりくいしばりのマウスピースは保険の適用内です。

かみ合わせの調整

かみ合わせのズレが、痛みや歯ぎしり・食いしばりの原因になることがあります。歯列が乱れていたり、詰め物の高さが合わなかったりといった、かみ合わせが原因の場合は、かみ合わせの治療を行います。

その他の診療科目

ページトップへ戻る