歯周病治療|秦野市の歯医者【川西歯科】|東海大学前駅

秦野市、東海大学前の歯医者【川西歯科】

  • 0463-78-0928

    【電話受付】8:30~18:00
    休診日:木・日・祝 / 土曜日は午後5時まで
    【住所】秦野市南矢名5-4-9


歯周病治療

歯周病とは、歯の周りを支える骨(歯槽骨)と呼ばれているものが溶けてしまう病気です。歯周病はサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも表現されるように自覚症状が少なく発見が遅れてしまいます。 歯を失わないためにも、定期健診を受けていただくことをおすすめします。

歯周病の進行と治療方法

健康な歯肉

歯周組織によって歯がしっかり支えられている状態です。ブラッシングしても出血がなく、歯茎も引き締まっていて色はピンク色をしています。歯と歯の間も隙間がなく密着していて健康な状態です。

歯肉炎

歯と歯茎の境目に歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、溜まった細菌が出す毒素により歯茎が赤く腫れた状態になります。歯を支える骨(歯槽骨)に変化はありませんが、歯肉炎の段階では痛みもないため見逃してしまうことがあります。しかし、放置してしまうと次のステージの「歯周炎」へと進行してしまうので、歯肉炎の段階でしっかりケアをすることが大切です。

歯科医院で正しいブラッシング指導を受けて、悪化しないようにしましょう。

歯周炎(軽度)

歯茎が更に赤く腫れた状態です。歯肉炎が進行して細菌感染が進んでしまい、歯を支える骨(歯槽骨)に影響を及ぼします。また、この段階になると歯周ポケットは2~4㎜程度に深くなります。そして歯周ポケット内にプラークや歯石が溜まりやすくなり、中度や重度の歯周炎へと進行してしまうのです。

歯周ポケットの歯石を除去するために、歯石取り(スケーリング)を行います。

歯周炎(中度)

軽度歯周炎より、症状が進行してしまった状態です。歯を支えている骨(歯槽骨)も溶かされてしまっており、歯周ポケットは4~6㎜の深さになります。歯周ポケット内には、プラークや歯石がたくさん詰まってしまいます。
この状態まで進行してしまうと、歯ブラシの毛先が届かないだけではなく、痛みも出てきてしまうため、歯を磨くことが困難になり、更に症状が進行していってしまいます。

歯周炎(重度)

重度歯周炎では、歯を支える骨(歯槽骨)が大幅に溶かされてしまい、歯周ポケットは6㎜以上になります。歯がぐらついていることにより、食事や歯磨きが困難になり、清掃性も悪くなってしまい症状が悪化してしまいます。最終的に歯が抜けてしまうのです。

スケーリングやルートプレーニングでよくならない場合や、重度の歯周病の場合は、歯周外科手術や歯周組織再生療法を提案することがあります。

その他の診療科目

ページトップへ戻る