入れ歯(義歯)|秦野市の歯医者【川西歯科】|東海大学前駅

秦野市、東海大学前の歯医者【川西歯科】

  • 0463-78-0928

    【電話受付】8:30~18:00
    休診日:木・日・祝 / 土曜日は午後5時まで
    【住所】秦野市南矢名5-4-9


入れ歯(義歯)

重症化した虫歯や歯周病、不慮の事故等で歯を失うことがあります。歯を失うことで、見た目が悪くなったり、しゃべりにくくなったりします。歯が抜けた箇所をそのままにしておくと、噛む機能が低下してしまうのです。入れ歯治療では、失ってしまった歯を補い、機能を回復させることができます。

当院では患者さんのご希望をきちんとうかがい、お口に合う入れ歯(義歯)を製作します。他院で作った義歯の調整も承っていますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

ブリッジ

入れ歯とは少し異なりますが、ブリッジとは、失った歯の両隣にある歯を削って支台にし、連結された人工歯を橋のようにかける治療法です。 部分入れ歯のように金属のバネが目立つことがなく、しっかり固定されます。

部分入れ歯

歯を失ってしまった本数が1本から、まだ支えになる歯が部分的に残っている場合に使用する入れ歯です。失ってしまった歯の場所により、部分入れ歯の形は変わります。人工歯、義歯床、クラスプでできていて、クラスプを入れ歯に支える歯にひっかけて、固定をしています。

金属バネ

保険適用の部分入れ歯です。クラスプが金属のバネでできています。

ノンクラスプ

セラミックとプラスチックを混ぜたものです。柔軟性があり、臼歯によく使われます。

総入れ歯

レジン床

保険適用の入れ歯です。人工歯とレジンの義歯床でできています。

金属床

一部が金属でできているので、プラスチック製の入れ歯よりも温度が伝わりやすく、より美味しく食事をすることができます。

その他の診療科目

ページトップへ戻る