詰め物・被せ物|秦野市の歯医者【川西歯科】|東海大学前駅

秦野市、東海大学前の歯医者【川西歯科】

  • 0463-78-0928

    【電話受付】8:30~18:00
    休診日:木・日・祝 / 土曜日は午後5時まで
    【住所】秦野市南矢名5-4-9


詰め物・被せ物

虫歯の治療などで歯を削ったあとは、削った範囲に応じて歯に詰め物や被せ物をします。削った後の歯は、脆い状態になっています。歯の強度が弱くなってしまうため、強い力で噛むと歯が割れてしまうことがあるのです。 また、細菌にも感染しやすくなるため、削ったままにしておくと、新たに虫歯になってしまいます。詰め物や被せ物は残った歯を守るためのものなのです。

保険診療の詰め物・被せ物

コンポジットレジン

色が白く、ある程度歯と色を合わせることができます。歯を削ったその日に治療が終了します。

メタルインレー(銀歯)

コンポジットレジンと比べて強度があります。金属の属性・延性により歯に馴染みやすいのが特徴です。

硬質レジン

金属の被せ物の表面にプラスチックの白い材料を盛り付け、金属が見えないようにした被せ物です。 基本的に、前から3番目の歯までの範囲にのみ使うことができます。

CAD/CAM

硬質レジンより強度は勝り、銀歯の被せ物より審美性に優れている素材です。保険が適用されるのは上下の4、5番目の歯で、下の6番目の歯は条件付きで保険適用になります。

自費診療の詰め物・被せ物

e-max

審美性と耐久性を兼ね備えたセラミックです。エナメル質に近い硬さで噛み合わせに優しい素材です。

ハイブリットセラミック

セラミックとプラスチックを混ぜたものです。柔軟性があり、臼歯によく使われます。

オールセラミック

全体がセラミックでできた素材で、天然歯と区別がつきにくいほどきれいに仕上がります。

修復にも対応しています

詰め物や被せ物が欠けてしまった・外れてしまった際の修復にも対応しています。そのままにしておくと隙間から細菌が入り込み、虫歯が再発してしまいます。他院で治療した場合にも対応していますので、遠慮なくご相談ください。

その他の診療科目

ページトップへ戻る